「BatteryPhone」でApple WatchとiPhoneのバッテリー残量を文字盤に表示!通知させることもできます。

BatteryPhone

こんにちは!もりおです。

気づいたらApple Watchのバッテリーが切れてた…。バッテリーが少なくなったら気づく方法ってないかな?

こんな人に。

iPhoneであればスリープを解除すればすぐバッテリー残量が目に入るのですが、Apple Watchはデフォルトでは文字盤に表示されていません。

よってApple Watchユーザーは「いつのまにかバッテリーが切れてた…」という事態におちいってしまったことがあるんじゃないかと思います。

そこで「BatteryPhone」というアプリをオススメします。

このアプリを使えば、Apple Watchの文字盤にバッテリー残量を表示することができ、かつバッテリー残量が少なくなったときに通知させることも可能です。

しかもApple Watchのバッテリーだけではなく、iPhoneのバッテリー残量の表示と通知も行うことができます。

そんな便利なアプリを紹介していきたいと思います。

もりお

Apple Watchユーザーならぜひ入れておきたいアプリ。

Battery Phoneとは

こちらのアプリです。

BatteryPhone

BatteryPhone

Keietsu Yasuhara無料posted withアプリーチ

なんと無料です。

BatteryPhoneでは、以下のことができます。

  1. コンプリケーションにバッテリー残量を表示できる
  2. バッテリー残量が少なくなったら通知させることができる

詳しく紹介していきます。

コンプリケーションにバッテリー残量を表示できる

Apple Watchのコンプリケーションにバッテリー残量を表示することができます。

以下は、「左下」と「左下サブダイヤル」に表示したイメージです。

BatteryPhone - 文字盤の表示

このようにiPhoneとApple Watchのバッテリー残量が表示されます。

真ん中のエリアの表示は多少カスタマイズすることができますが(後述)、サブダイヤルへの表示がわかりやすくてオススメです。

バッテリー残量が少なくなったら通知させることができる

このようにiPhone、またはApple Watchのバッテリー残量が少なくなったときに、Apple Watchに通知をさせることができます。

BatteryPhone - 通知

バッテリー残量がどのくらいになったら通知させるかの基準も設定可能です。(後述)

BatteryPhoneの設定方法

通知の基準と、表示形式をカスタマイズすることができます。

通知する基準の設定

iPhone、Apple Watchそれぞれで、通知を行う基準を設定することができます。

iPhoneでBatteryPhoneを起動します。

BatteryPhone - 通知基準の設定

「+」または「−」をタップし、何%以下になったら通知を行うか設定します。

また、フル充電になったときに通知を行うこともできます。

もりお

あとオススメは「通知を抑制」はONにしておくこと!抑制にしておかないと、さらにバッテリーが減るごとにしつこく通知がされて、ちょっとうるさいぞ。

表示形式の設定

コンプリケーションの真ん中のエリア(左上・左下・右上・右下)への表示形式はカスタマイズすることが可能です。

iPhoneでBatteryPhoneを起動し、少し下にスワイプします。

BatteryPhone - コンプリケーションの設定

「コンプリケーションの設定」をタップします。

BatteryPhone - 表示形式の設定

「内側」と「外の円」の下をタップすることで、「watch」と「iPhone」を切り替えることができます。

もりお

とはいえBatteryPhoneはサブダイヤルに表示させておくのがオススメ。表示には十分だし、そっちの方がわかりやすいので、大きな表示領域は別のアプリに残しておきたい。

まとめ:無料でこんな素晴らしいアプリを提供してくれることに感謝。

シンプルでわかりやすく、かゆいところに手が届くアプリ。

そして無料。

製作者に感謝しつつ、ぜひBatteryPhoneを使ってみましょう。

もりお

コンプリケーションに表示をさせていなくても通知はされるので、枠に余裕がない人もとりあえず入れておくといい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です