【iPad】最初の変換候補がローマ字になってしまう原因と解決方法。

iPad - 変換候補の最初がローマ字に?

こんにちは!もりおです。

iPadで文字入力しているとき、ちょいちょい変換候補の最初がローマ字になってめんどくさいんだけど…。これどうにかならない?

そんな人に。

私も毎日のようにiPad&Smart Keyboard Folioで文字入力をしていますが、たまに発生してイラッとするこの現象…。

原因と解決方法を調べてみたので共有したいと思います。

もりお

結論「Caps Lockが有効になっているせい」だぞ。

変換候補の最初がローマ字(大文字)になる?

以下のように、最初の変換候補がローマ字となってしまうことがあります。

Smart Keyboard Folioで最初の変換候補がローマ字

それ以外の変換候補も表示されてはいるので、変換が行えないという話ではないのですが…。

いちいち他の候補を選択するのがめんどくさいんです。

原因と解決策

「Caps Lockが有効になっている」

というのが原因になります。

Caps Lockとは「大文字入力固定モード」といったところです。

スマートキーボードフォリオにおいては、一番左下のキーによってCaps Lockの有効 / 無効が切り替わります。

Smart Keyboard FolioのCaps Lockキー
Smart Keyboard Folioの一番左下のキーがCaps Lockの切り替え

変換候補がローマ字になってしまっている状態でもう一度キーを押すと…

Caps Lock無効

直りました!

ソフトウェアキーボードにおいては、左下のキーの「ダブルタップ」によってCaps Lockが有効となります。

ソフトウェアキーボードのCaps Lock有効

このように左下のキーが白くなっていたらCaps Lockが有効となっています。

もう一度このキーをタップすることでCaps Lockを無効にできます。

無効にするときはダブルタップじゃなくてOKです。

「Caps Lockを使用しない」設定も可能

ソフトウェアキーボードだけの設定のようですが、「Caps Lockを使用しない」設定をすることができます。

設定の「一般」>「キーボード」にある「Caps Lockの使用」です。

Caps Lockを使用しない設定
[一般] > [キーボード] > [Caps Lockの使用]

この設定をオフにすることで、ソフトウェアキーボードの左下のキーをダブルタップしてもCaps Lockが有効とならなくなります。

「Caps Lockなんて使わないし、誤操作がめんどくさい」ということであれば設定してみると良いかもしれません。

まとめ:Caps Lockなんてものがあることを覚えておこう

微妙に作業効率が落ちてイラッとするこの現象、直し方も難しくないので今度からはもう大丈夫だと思います。

もしかしたらキーボードによっては、Shift + Caps Lock(どちらも左下にある)となっているかもしれません。

Windowsでもそうですし。

そちらの操作も覚えておきましょう。

もりお

Caps Lock使いまくる人に今まで出会ったこともないし、もう上述した設定でオフってしまうのがオススメだぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です